ピース又吉の舞台「凜」が10年越しで映画化!佐野勇斗&本郷奏多W主演




お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(37)がブレーク前の07年に自身が出演する舞台用として書き下ろした作品「凜」が映画化されることが分かった。佐野勇斗写真=19)と本郷奏多かなた=29)のW主演で、神隠しの伝説が伝わる村の高校を舞台にした青春群像サスペンス。映画版で又吉は脚本と監修を担当する。

★佐野は真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太を、本郷は不思議な転校生・天童を演じる。監督を務めるのはTBSテレビ制作局ドラマ制作部の池田克彦(36)。又吉作品の映画化は、昨年、俳優、菅田将暉(25)と桐谷健太(38)がW主演した「火花」に続く2作目。「火花」の映画化は単行本刊行時から進んでいたのに対し、今作はまさに急転直下で決定。所属する吉本興業がテレビ局とタッグを組む「島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」の「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門作品として製作され20日、東京都内で行われた同映画祭の会見で発表された。公開は18年度を予定し現在、撮影の真っ最中で、又吉も脚本監修として参加している。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/3/21 12:02 iPhone
大河にも出てるし又吉大活躍だな

#2 匿名@芸能ニュース 18/3/21 14:16 SonySO-04E
又吉ってもう芸人ではないな良くも悪くも

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理