国民栄誉賞の羽生竜王 平昌の羽生結弦にエール「漢字が同じ」と親近感




将棋界で史上初の永世七冠を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて2度の全独占を果たした井山裕太七冠(28)の国民栄誉賞授与式が13日、首相官邸で行われ、安倍晋三首相(63)から表彰状と盾が贈られた

★羽生氏は名人など七つのタイトルで前人未到の「永世七冠」を達成。井山氏は囲碁史上初の七大タイトル独占を2度にわたって果たした。表彰式で安倍晋三首相(63)は「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と讃えた。
★授与式後には東京都内のホテルで会見を行い、羽生竜王は、平昌五輪のフィギュアスケート・男子シングルに出場する羽生結弦選手(写真=23)にエール。同じように平昌で国民に夢を与えるべく戦う羽生に対し「(“はぶ”と“はにゅう”で)読み方が違いますけど、漢字が同じということで、親近感を持っています」と笑顔で話した。五輪に挑むアスリートに対しては「4年に1度という、この1回にすべてを懸ける思いを見ていると、非常に大変な集中力と大変な努力を、一瞬のために費やしているのかなと」と敬意を示し、「月並みになってしまいますけども、悔いなく全力を出し切ってほしいという気持ちで、いつも見ています」と話した。


←前   次→

この記事について一言


戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM