平昌五輪は「ムンちゃん五輪」「点数集め」松本人志の皮肉にスタジオで笑い




11日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」の五輪特集では、開幕後も相変わらず、競技よりも「政治的」な動きに注目が集まり続ける平昌五輪に、MCの松本人志写真=54)が新しい呼び名を提唱した。

★北朝鮮が金正恩委員長(34)の妹・金与正氏(写真=30)を特使として送り込み、韓国側も文在寅大統領(65)が与正氏と笑顔で握手。青瓦台のHPにデカデカと掲げアピールしたあげく、アイスホッケー・南北合同チームの試合を揃って観戦するなど、平昌五輪を舞台に、韓国・北朝鮮の「融和」ムードの演出が続いている。松本は「だから僕は、本当にこれは平昌オリンピックなのかと、平壌(ピョンヤン)オリンピックじゃないのか、と思っていたんですが、さらに突き詰めて考えたら『文(ムン)ちゃんオリンピック』だよね」さらに、「文ちゃんのためにみんなやってるみたいな…文ちゃんの点数集めのためにやってる感じがしてね」とコメント。これには、スタジオでは笑いが起き、国際政治学者・三浦瑠麗氏(写真=37)もつられるように笑顔を見せた。
▼ネット「都市開催のはずなのに大統領がしゃしゃってるからな」「韓国内でもムン災害言われてるのに」「他所の国のトップにだけ皮肉言えるマン」「テレビで言えるのはせいぜいここまでかな」「もう人面鳥のイメージしかない」「嬉しそうに融和を報道しまくる日本のマスコミなぁ」


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/2/12 08:39 CA002
犬なりに頑張ってるんじゃない。


戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理