斉藤由貴「三度目の殺人」で助演女優賞に「ものすっごく嬉しくてたまらない」第60回ブルーリボン賞




在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第60回ブルーリボン賞」で23日、斉藤由貴写真=51)が「三度目の殺人」で助演女優賞に輝いた。

★昨年9月に50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めてから初めて報道陣の取材に応じた斉藤は、熱演が評価されたことに「励みになった」と感激。85年度に新人賞を受賞して以来で、「すんごくうれしくて、たまらないです」と喜びをかみしめる一方、「運命の不思議な采配」と表現。取材陣から「なぜ?」と問われると、「…今のタイミングだから」と自虐気味に苦笑した。劇中では、広瀬すず(19)の母親役を好演。自分本位な考えと娘への純粋な愛が入り交じった母親を繊細に体現した。囁かれていた離婚危機は乗り越えたようで、夫や3人の子供も受賞を「『やったじゃん。お祝いしよう』と喜んでくれた」という。半年前、憔悴した姿でフラッシュの集中砲火を浴びた斎藤。心配させ続けた両親に、「演じる」原点をつくってくれた感謝の気持ちを込め「もし可能なら…。(授賞式を)両親に見せてあげたい。でも私、泣いちゃうかも」。一方、「第60回ブルーリボン賞」では、主演男優賞は阿部サダヲ写真=47)、主演女優賞は新垣結衣写真=29)が受賞した。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/1/24 13:44 iPhone
少しでも元気になってくれて良かった

#2 匿名@芸能ニュース 18/1/24 17:44 AppleWebKi
かわいいおばさん

#3 匿名@芸能ニュース 18/1/24 20:07 AppleWebKi
ある意味ホンモノの女優なんだろうな

#4 匿名@芸能ニュース 18/1/25 20:27 wv)
テメエら、許せねぇ!

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理