その他、ミニニュース(更新済み)



「しくじり先生」4カ月ぶりに復活、元フィギュアスケーター村主章枝が登場テレ朝系「しくじり先生」が1月28日に4カ月ぶりに復活。元フィギュアスケーター・村主章枝(写真=37)がアラサーまで現役を辞めなかった理由を激白する。華やかなスケート人生のウラでやらかしていたしくじりをテレビ初告白。五輪にも2度出場し、その卓越した表現力から“氷上のアクトレス”と評された村主。しかし、現役時代の後半、ある事情から無収入となってしまい、借金生活を送ることに。なぜそんなしくじりをやらかしてしまったのか…。その一端は、村主が“頑なに現役を引退しなかった”からだと振り返る。ほとんどのフィギュアスケート女子選手が20代で現役を終える中、村主は異例ともいえる33歳まで頑なに現役引退を拒否。村主は授業で自身のスケート人生を振り返りながら“トリノ五輪後に引退しなかった本当の理由を明かす。オリンピックへの熱い思い、さらには“アラサースケーター”となった村主に襲いかかった、厳しすぎる現実の数々を赤裸々に語る。また、現在のカナダでの生活の様子も大公開する(PR)村主章枝写真集『月光』
AKB総選挙の会場公募 指原「熱心に盛り上げてくれるところに」48グループの「第3回ドラフト会議」が21日、東京ドームシティホールで行われ、候補生68人のうち55人が指名を受けた。会議終了後、今年の選抜総選挙の開催場所は海外も含めて公募することを発表。例年開催している6月に屋根付きの大会場を確保するのが難しいためで、詳細は後日公表される。HKTの指原莉乃(25)は「(総監督の)横山由依の実家には屋根があるよね!?」と冗談を飛ばしつつ、「熱心に盛り上げてくれるところに決まるといい」と期待した。今回の会議は、各チームのファンが動画ストリーミングサービス「SHOWROOM」を利用して選択希望を決めるシステムを導入。1巡目で、争奪戦が予想されたSKEの矢作有紀奈(写真=22)の妹・矢作萌夏もえか=15)がAKBチームK、B、4の“本店”の3チーム重複指名に。チームKが当たりくじを引いて交渉権を得た。写真映えどころか映像でも評判は高く、早くも48グループのセンター候補。AKB16期生オーディション(16年12月)を落選しており、リベンジを果たした格好。久々の逸材に支店には指名権すら与えられなかった可能性まで囁かれている
吉高由里子、20代ラスト作品で検事役初挑戦女優の吉高由里子(29)が初の検事役に挑戦する。4月スタートの日テレ主演ドラマ「正義のセ」(水10)で、吉高にとって20代最後のドラマ作品。「主人公と一緒に成長できたらいいなと思っています」と意気込みを語っている。阿川佐和子さん(64)の小説が原作。新米検事・凛々子の奮闘を描く作品で「難しい専門用語がいっぱいだったらどうしよう… と思っていたんですけど、凛々子の普段の生活が中心でホッとしました」と笑顔を見せた。事件を追いながらも、恋や職場の人間関係にも悩む。吉高は「OLの人にも共感してもらえるようなドラマになったらうれしい」とアピールした(PR)負けるもんか 正義のセ [阿川佐和子]
親バカすぎる中尾明慶、長男は「もう主役に目覚めているのかもしれない」女優、仲里依紗(28)の夫で俳優、中尾明慶写真=29)が21日、東京都内で行われた「保育のおしごと応援フェスタ2018inTOKYO」のトークショーに出席。長男(4)のお遊戯会について「『オオカミと七匹の子ヤギ』のオオカミ役になって『主役だ』と喜んでいて、僕とママの血で、もう主役に目覚めているのかもしれない」と笑顔で明かした。先輩役者としては「緊張もしていなくて。周りでは緊張している子もいたんですけど、ひとあくびしていたくらいでしたよ」といい、「親バカになっちゃうかもしれないけど、(役者に)向いているかもしれないですね」と目尻を下げた。また、「息子が戦隊物にはまっているので、なんとか(戦隊物に)出たいですね。何かないですか? 子どもが『パパ、すごい!』と思うような役がいいですね」と親バカ全開で会場を笑わせていた
加藤紗里が小室哲哉の引退に言及? フォロワーから「言葉の使い方」にツッコミタレントの加藤紗里写真=27)が20日に更新したツイッターで、「相手がすごい人でも窮地の人を寄ってたかって…」などとつぶやいた。文春による“不倫報道”のために引退を表明し小室哲哉(59)について言及したと思われるが、フォロワーからは言葉の使い方についてのツッコミが。加藤は「最後に面白くならないならエンターテイメントとは言わないし、そんなもの見たくない。そして相手が凄い人でも窮地の人を寄ってたかって戒めるのは紗里はいじめだと思う。そんな忖度も出来ない国が、2020おもてなしなんて笑っちゃう。なんちゃって」とツイート。フォロワーからは空気を読んだのか肯定的なコメントも並んだが、一部から「『忖度』の意味をもう一度見てから、発言されることをオススメします」と指摘されたほか、「ちょっと何言ってるかわからない。ただ、覚えたての忖度を使いたかったんだなぁというのはわかる」などのツッコミもみられた
「黒すぎる女子アナ」岡副麻希、ファースト写真集発売決定「黒い桐谷美玲」「黒すぎるキャスター」ともいわれるフリーアナの岡副麻希おかぞえまき=25)が、22日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」9号の表紙、巻頭グラビアに登場。2月5日にはファースト写真集「Maki Mermaid」を発売することが分かった。岡副は、フジ系「めざましどようび」(毎週土曜あさ6時〜)のキャスターとして、またバライティー番組では不思議キャラとして活躍中。「―スピリッツ」には、ハワイで撮影された写真集の先行カットが公開され、貴重なビキニ姿も収められている。(PR)岡副麻希ファースト写真集 Maki Mermaid


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/1/22 11:14 AppleWebKi
アナウンサー風情がタレント扱いでちやほやされて勘違いしてて痛々しい

#2 匿名@芸能ニュース 18/1/22 15:01 AppleWebKi
でも整形してないしバカだから好感もてるよ。

#3 匿名@芸能ニュース 18/1/22 16:54 MARVERA2
この子も太らない体質っぽいなぁ。

#4 匿名@芸能ニュース 18/1/22 17:54 AppleWebKi
写真見る限り、ビキニではない。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理