その他、ミニニュース(更新済み)



西川史子「いろいろあるんです」再婚へ意味深発言 相手は堀江氏?「違いますよ」女医でタレントの西川史子(46)が16日、東京のメキシコ大使館で開かれた「明治ザ・チョコレート メキシコホワイトカカオ」の発売イベントに出席。純白のロングドレスで登場し「結婚式以来、初めての白です」と自虐気味に話した。バレンタインデー向け商品のPRだったが、2月14日は前夫・会社役員の福本亜細亜氏との結婚記念日で「良い思い出がない」と苦笑。離婚から4年が経過し「今までは気持ちが(恋愛へ)行かなかったけど、今は行ってみようと思う」と前向きな様子。再婚については「今年は絶対しますよ!見ててください」と力を込め「皆さんに言ってないだけで、いろいろあるんですから」と意味深に話した。報道陣から「相手は堀江さん?」と聞かれると「違いますよ。堀江さんも嫌でしょう」と否定した
橋本マナミ“ひっそり婚活”宣言 強い結婚願望も「控えめに行動」タレントの橋本マナミ(33)が16日、大阪市のディアモール大阪で行われた「オージー・ビーフ 鉄チャージスタンド」のオープニングイベントに登場。チアガール風の衣装で登場した橋本は「お肉は大好きで毎日食べてるくらい。友達と焼き肉にもよく行きますし、いくらでも食べれる。『今日のお仕事頑張ったな』という時は、塊のステーキ肉にかぶりつくのが好きです」と肉食女子ぶりをアピールした。芸能人の焼き肉デートが週刊誌をにぎわすことも多いが「しゃぶしゃぶデートをしてた時に、『これを撮られたら親密な仲って書かれるんだろうな』って思ってました。相手の方? 芸能人でもスポーツ選手でもないです。一般の方です。でも、その人とはいろいろ事情があって、もう終わっちゃいましたね」とちょっぴり寂しそう。8月には34歳になるが、結婚については「ずっと2018年12月までに結婚すると言ってきましたが、あんまり言い過ぎると男性が逃げちゃうことに気付きました。なので、控えめに婚活します」と苦笑いした
“建物の中や地下に避難を”北朝鮮ミサイル発射とNHK誤報NHKは16日、同局の公式ニュースサイトなどで同日午後6時55分ごろ、北朝鮮のミサイル発射で全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動したとの誤った速報を配信したと発表した。同局広報部によると、インターネット上に配信する装置を、報道局の担当者が誤操作したことが原因という。速報は「北朝鮮ミサイル発射の模様 Jアラート 政府“建物の中や地下に避難を”」との内容。公式サイトと、スマートフォン向けのニュース・防災アプリに流れた。数分後に「誤って出したものでした。Jアラートは出ていません」と訂正、謝罪した
18歳・吉川愛「出発の時からずっとずっとドキドキ」初写真集で水着姿初披露女優、吉川愛(写真=18)が2月17日発売の初写真集「i」で水着姿を初披露することが分かった。5歳でCMデビューし、天才子役として活躍。学業専念を理由に16年に芸能界を引退したが、昨年7月期の日テレ系ドラマ「愛してたって、秘密はある。」で女優復帰した逸材で、7月公開の映画「虹色デイズ」など出演作が続く。3月に迎える高校卒業を前に、初写真集では「高校最後の夏休み」をテーマに“熱演”した。昨年9月、初の船旅で訪れた東京・三宅島で撮影し「出発の時からずっとドキドキしてました」。人生初の海水浴でキュートな水着姿を初披露し、「最初は恥ずかしかったですが、徐々に楽しくなってきて恥ずかしい感情はいつのまにか忘れてしまいました」。無邪気な笑顔、大人っぽい表情が満載の一冊に「幸せを感じている私の自然な表情がたくさん載っていると思います」とアピールした
引退発表のももクロ有安 ソロアルバムがレコチョク29位へ急上昇21日のライブをもって、ももいろクローバーZから卒業し、芸能界引退を発表した有安杏果(22)の、昨年10月に発売されたソロアルバム「ココロノオト」が、レコチョクの15日付デイリーアルバムランキングで、前日の100位圏外から29位へジャンプアップしたことが16日、分かった。レコチョクのデイリーランキングは0時から24時までのカウント。15日午後の電撃発表から一気に注目度がアップしたとみられる
シャンシャン、お外遊びも見てね 生後7カ月上野動物園(東京都台東区)は16日、生後7カ月が過ぎたジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香=雌)の近況を公表。屋外運動場で器用に木登りをして枝から枝に移動したり、広場を駆け回ったりと元気いっぱい。屋外の様子は2月から一般公開される。屋外運動場には自然に近い形で多くの木が設置されており、担当者は「屋外でも活発に動くシャンシャンの姿を見てほしい」と話した。15日の身体検査では、体重は5日より300グラム増えて14・9キロに。一般的に生後8〜9カ月とされる離乳が近づいているためか、水をなめる姿もはっきり確認された
小林恵美、キツネの霊が取り憑きおはらい受けたと報告「つり目が垂れ目になって、元に戻った」グラドルの小林恵美(写真=35)が、番組アシスタントを務める16日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で、お祓いしたという体験を語った。番組では「あなたは、お祓いに行ったことがありますか?」を視聴者投票。小林は、お祓いの経験を聞かれ「行きつけの霊媒師がいる」と切り出し、つり目になってきた時期に霊媒師に相談したところ「『キツネの霊が憑いています』と言われ、取ってもらったら、ちゃんと垂れ目になって、元に戻った」と告白。共演の板東英二(77)から「美容整形に行ったんじゃないか?」と整形を疑われていた
キムタク“なりすまし詐欺”に警鐘「いかにも自分を演じてやがる」元SMAPの木村拓哉(45)が16日、テレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」に出演し、自身になりすます詐欺への警鐘を鳴らした。木村は「自分がやってるラジオとかに『こういうヤツが来てるんすけど』っていう報告を受けて、なんだそれ?っていうのが」と、パーソナリティーを務めているラジオ番組のリスナーから“木村拓哉なりすまし詐欺”の報告が来ると説明。「不特定多数というか、手当たり次第にメールを送って、いかにも自分を演じてくださってるんですけど… くださってる? 演じてやがるんですけど。『番号聞くの忘れちゃった。何番だったっけ?』みたいなヤツで、返信しちゃったりすると、番号がそういう人たちの名簿に載せられて、悪いことに使われちゃってんじゃないかなって匂いがプンプンするような、なりすましメールとかは非常に聞きますね」と、具体的な詐欺の手口を紹介して心配した。なりすましメールについては「すっげえうまいんですよ、文面とか。ドラマで共演させていただいたある出演者の名前を引用したりとかして、ノリのいいメールを送りつけて番号を聞き出そうとか『東京に戻ってきたから今から会おうよ』とか」と、いかにも木村が書いたような出来栄えだという。「絶対俺、そういうの送んねえから」という木村だが、犯人にスケジュールをつかまれているフシもあり、「あれ?近えヤツ?とか」と疑心暗鬼にかられていた
直近のつんくの容姿がヤバイネット「いや笑ってる場合じゃない…」「ドクロマン」「抗がん剤の治療で禿げてるって事。再発してるんだな」「現場にもこんなヅラ被ってその上から更に帽子を被ってる奴いるよね」「人工透析患者より黒い…」「食事制限してるから痩せるのは当たり前だしハワイで日焼けしただけでは?」「筑紫哲也並みの違和感」「つんくの年齢だとあっというまに死ぬ人が多い 結構がんばってると思う」「首周りがほっそりしたな ここが痩せると近い」「俺にはヅラだとわからない…」


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 18/1/18 08:50 iPhone
つんくの容姿の何がヤバイんだかわからない

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理