桐谷美玲「リベンジgirl」完成披露舞台あいさつ…W不倫騒動の斉藤由貴の出演も判明




女優、桐谷美玲(27)が7日、東京都内で行われた主演映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督、23日公開)の完成披露上映会に出席した。

★同作は東大首席卒業、ミスキャンパス・グランプリに輝くも性格ブスな宝石美輝(桐谷)が、失恋のリベンジを果たすために総理大臣を目指し、選挙へ邁進するストーリー。近づくクリスマスの思い出について聞かれると「小学生の時にスーパーファミコンをサンタさんからもらった。そこから私のゲーマー人生が始まりました」と会場を笑わせ、理想のクリスマスデートを聞かれると、「昼からチキンを焼いて、部屋を飾り付けしてパーティーをした後、『リベンジgirl』を観に行く」と茶目っ気たっぷりにアピール。同作については「女の子の成長を描いているので、みなさんの背中を押せる作品になっていたらいいな」と願いを込めた。また桐谷の妹役を演じた、竹内愛紗(16)は同作が銀幕デビュー。「今年からお仕事を始めさせていただきました。このような大きな舞台に立たせていただいてうれしく思っています」と初々しく語った。
★一方、女優の斉藤由貴(51)が同作に出演していることが一部で報じられた。斉藤が演じているのは「あすなろ政治塾」の講師で敏腕政治秘書・如月凪子という役どころ。美輝(桐谷)のウソをつかないところに目をつけ「あなたを総理大臣の椅子に座らせてあげましょうか」と時には厳しく接しながら美輝をサポートする。斉藤は今年9月、TBS系ドラマ「カンナさーん!」出演中にW不倫が発覚。同作は、不倫騒動の真っ只中で撮影されたという。この日は、桐谷、共演の鈴木伸之(25)、清原翔(24)、佐津川愛美(29)、竹内愛紗(16)、三木康一郎監督(47)が登壇したが、斉藤は不参加だった。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/12/8 11:46 F01E
斉藤由貴も頭にパンツ被って登場したらみんな笑って許してくれるよ。 by宮迫 板尾 浜田 真栄田 大悟 ノブ 善し 大村

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理