その他、ミニニュース(更新済み)



今年で放送終了のTBS「日本有線大賞」は氷川きよしに決定…大賞は9回目TBS系で4日夜、放送された「第50回日本有線大賞」は、演歌歌手の氷川きよし(40)に決まった。有線放送に寄せられたリクエストのデータを基に選ばれた。氷川の大賞は9回目となり歴代最多の受賞となる。TBSは放送終了について「一定の役目を果たした」と説明。音楽の聴き方の多様化で、有線をきっかけとしたヒット曲が生まれにくくなった。その影響からか視聴率も低下した。昨年は平均で9・1%(関東地区)と2桁に届かなかった。賞を主催する全国有線音楽放送協会は新たな企画を運営していくとしているが、事実上は有線大賞は終了となる
胃腸薬ポスターにスギちゃん起用 一発屋芸人の心情、自虐的に描くお笑い芸人・スギちゃん(44)を起用した胃腸薬「ガスター10」の広告ポスターが4日、東京・JR新橋駅烏森口に公開された。12年の「新語・流行語大賞」の年間大賞に「ワイルドだろぉ?」が選出され、はや5年。「笑いじゃなく拍手が来る」「仕事納めが人より早い」「年末年始、テレビ観放題」など、思わず胃が痛くなるようなリアルなキャッチコピー10パターンで展開中。一発屋芸人の心情が赤裸々に描かれた、どれも切実なものばかりだ。10日まで
やく氏、白鵬の貴乃花親方批判は「日頃の確執があればこそ」漫画家、やくみつる氏(58)が4日、レギュラーを務めるフジ系「みんなのニュース」に生出演。大相撲の元横綱日馬富士(33)の暴行事件を受けて、日本相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)が先月28日に行った講話の際、横綱白鵬(32)が「貴乃花巡業部長を代えてほしい」などと発言したことに言及した。日馬富士から暴行を受けた平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45=元横綱)は暴行問題に対応することを理由に、3日から始まった冬巡業から外された。やく氏は「貴乃花親方が冬巡業に帯同できなくなるのは、ある程度予想がついていた。むしろその状況を察知した白鵬が、自分の意見をかぶせてきた」と推測。「これまでにも小さなトラブルがあったけど、これほどの大事になったのは日頃の確執があればこそ」と持論を展開した。貴ノ岩は冬巡業を休場するなど、引退危機に立たされている。やく氏は「貴乃花親方としてはそれは最悪の事態。協会を説得するより、もっと重要な説得力が必要」と案じていた
鳥取県警、日馬富士の厳重処分求める 一両日中にも傷害容疑で書類送検大相撲の元横綱日馬富士関(33)が平幕貴ノ岩関(27)に暴行した問題で、鳥取県警は傷害容疑で一両日中にも元横綱を書類送検する方針を固めた。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けるとみられる。捜査関係者への取材で4日分かった。県警などの意見には、厳重処分が最も重く、地検に判断を委ねる「相当処分」から、石原真理子の万引きのように起訴を求めないものなど複数の種類がある
上戸彩 M-1で着たワンピと同様のものが59万9800円!ネットオークションに女優の上戸彩(32)が3日に漫才日本一決定戦「M−1グランプリ2017」で着用したグッチのピンクのワンピースと同様とみられるものが4日、ネットオークションに出品された。即決価格は59万9800円となっている。オークション出品者の説明では、上戸がM−1で着ていたものと「デザイン違い」としており、写真で見る範囲では襟とベルトが異なり、上戸が着たのは半袖だったが、出品されているものは長袖となっている。上戸が着ていたバージョンは約20万円で海外の通販サイトで販売されていたが、すでにソールドアウトとなっている
Iカップ天木じゅん、巨乳が「邪魔だった」グラドルの天木じゅん(写真=22)が4日、東京都内で動画サービス「ファミリー劇場CLUB」の主演ドラマ「私、やりますって!」の会見を行った。スポーツクライミング・ボルダリングの日本代表を目指す物語で、コーチ役を務めたプロレスラー、越中詩郎(59)と登壇。壁を上るシーンでは、自身のIカップ巨乳が「邪魔だった」と振り返り、「胸を縮めたほうが、いいんじゃないかと思うこともありました」と苦笑した。天木の武器が「胸」なら、ヒップアタックが得意技の越中は「尻」。報道陣から、どちらが強いかと問われた天木は「私の胸ですね」と即答。越中は「お前、いい加減にしろよ!(自分の尻は)ダイヤモンドより硬いんだぞ!」と応戦し笑わせた。ドラマはこの日から配信開始。同番組は東北新社が運営するウェブサービス「ファミリー劇場CLUB」内で、毎週月曜に配信(全8回)される。 
島崎遥香がツイッターに投稿した内容にAKBファンから非難の嵐「また構ってちゃんが始まったwww」元AKB48の島崎遥香(23)が11月28日にしたツイッターの投稿が波紋を呼んでいる。“「あなたは病気のせいにできていいよね」そんな言葉を言われたら、言われたことがあったら、どうか傷つかないで?「そんなことを簡単に口にできる貴方の方が病気」って思えばいいと思うの。遥香”というもので、「ファンのなかには怒りだけでなく、『また“構ってちゃん”が始まった』と物笑いのタネにする者もいます。毎度毎度、人を傷つけるようなことでしか話題になっていません」(AKBライター)。島崎がなぜツイッターにこの投稿をしたのか、疑問に思っている人間も多い。「書いた理由がさっぱり見えないので、きっと自己満足的に思い付きで書いたのかもしれません。そうすれば好感度が上がるなんて考えたという可能性もあります」(ネットライター)島崎は今年1月から女優としての仕事を増やしており、連ドラ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日テレ)、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」に出演。そして現在は「今からあなたを脅迫します」(日テレ)に出演しているが、こちらは第7話までの平均視聴率は6.1%で、放送回によっては5%以下ということもある。「ひよっこでは、島崎がストーリーの中心に出た週だけ視聴率が落ちこんだということもありました。今回のドラマも低迷しており、ひょっとして島崎のアンチファンがネガティブキャンペーンをしていることが原因ではないでしょうか」(テレビ雑誌編集者)AKB卒業は彼女にとっていい選択だと思われたが、意外に悔やんでいるのかもしれない。(まいじつより)ネット「遠からずテレビで見かける事も無くなるだろうよ」「こんなんに批判する馬鹿はなんなんだw」「人のことを病気という人が病気という人が病気という人が…って永遠に続きそう」
亀梨和也の骨折でジャニーズがフジに謝罪か KAT−TUNが来年1月に活動再開してドラマ主題歌を歌うことも明らかに!?来年1月期の連続ドラマ「FINAL CUT」の撮影中に亀梨和也(31)が骨折したことについて、ファンからは「亀梨くん可哀想。フジが無理させたんじゃないの?」など「フジテレビに責任があるのでは?」という声が多く飛び交う事態に。「報道されている内容を見る限り、局が無茶をさせたというより、亀梨が“自爆”したケガなのではないでしょうか。そのため、ジャニーズ側はむしろ“亀梨のケガで撮影の進行を妨げてしまった”として、謝罪している可能性があります。近年、『芸能人が撮影中にケガ』といったニュースが出ると、番組や局側をバッシングする報道や意見が多いものの、アクション作品に撮影中のケガはつきもの。だからあえて発表しない場合もあるし、ケガをした本人が黙っているケースも少なくありません。『本番だけギプスを外して』といった措置も、実はよくある話なんです」(テレビ局関係者)また、「KAT−TUNの“充電期間”は来年1月に終了予定だと聞いています。まずはファンミーティングから活動を再開するようです。2月から、ツアーも始める予定だとか。1月から亀梨さん主演のドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)が始まるのですが、その主題歌をKAT−TUNが担当するという話も出ています」(芸能プロ関係者)亀梨が骨折という事態にも関わらず降板せず、それこそ速攻でドラマ撮影に復帰した背景には、こういった事情もあるようだ。(サイゾーウーマンなど)


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/12/5 10:41 AppleWebKi
島崎遥香にも困ったもんだ。

#2 匿名@芸能ニュース 17/12/5 12:09 iPhone
2月からツアーは物理的に無理

#3 匿名@芸能ニュース 17/12/11 07:52 AppleWebKi
滅びろツイッターと2ちゃんねる!


戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理