滝沢カレンがで職人軽視発言で炎上「裏方愉快?見てるこっちは不愉快です」




タレントの滝沢カレン写真=25)が、NHK総合のドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で“滝沢節”を連発し、物議を醸している。

★23日の放送回では日本が誇る「職人」たちを特集したが、インタビュー内容が「失礼すぎる」として不愉快に感じた人がいたようだ。この日は、「京都・舞妓スペシャル 美と心はこうして作られる」と題し、舞妓を支える職人たちに密着。独特な言葉選びで人気の滝沢を特別ゲストに招き、滝沢自身が職人のもとを訪ね、「仕事の流儀」を探った。「プロフェッショナル」が大好きと話す滝沢は、自身の“仕事の流儀”を聞かれ、「流儀って何ですか?」「スローガンみたいな?」とさっそく持ち味を披露。その後の職人たちへの取材でも手を緩めず(?)「花かんざし職人」へのインタビューでは、番組スタッフから職人の「仕事の流儀」を言い当てるよう振られ、「信念指先」と返答。「ただ器用な感じだと申し訳ない」として「一流頑固」と言い直したが、職人は終始苦笑いだった。
★さらに「帯職人」へのインタビューでは、仕事の流儀を「裏方愉快」と言い、その理由を「裏方なのに愉快な人っていたんだっということで。裏方は顔を出さない、顔を引っ込めるので有名ですけど 顔を出した時にこんなに愉快だったんだって」と説明。「いつまでもその愉快を忘れないでほしいし、でも裏方ってこともしっかりわきまえてこれからも頑張ってほしいな」とメッセージを送った。これにツイッターなどでは「その職人さんが言う流儀が大事なのに、なんで滝沢カレンにつけさせるのか」「裏方愉快?見てるこっちは不愉快です」などと怒りを交えた声が続出。「滝沢カレンを起用したスタッフがプロフェッショナルでなかったということ」と、NHKの人選に疑問を呈する声もあがった。とはいえ、視聴者から出ているのは否定的な感想ばかりではなく、「滝沢カレン面白い。毎週出たらええのに」 「NHKの新たな挑戦を感じます。滝沢カレンさんのコメントはちょっとしたエッセンスになってます」などと好意的な意見も少なくない。(Jキャストニュースより)


←前   次→

この記事について一言

#9 匿名@芸能ニュース 17/11/25 14:25 AppleWebKi
裏方って事もしっかりわきまえてって…失礼過ぎ。嫌い。

#10 匿名@芸能ニュース 17/11/25 18:06 AppleWebKi
大っ嫌い!業界の人は変わってるから面白いと思って起用してるだろうけど、見てる人間はイライラする。

#11 匿名@芸能ニュース 17/11/25 19:50 iPhone
職人は低学歴で世間知らないからね

#12 匿名@芸能ニュース 17/11/25 20:52 AppleWebKi
職人じゃなくても低学歴で世間知らない馬鹿もいるだろ

#13 匿名@芸能ニュース 17/11/25 21:43 PC
低学歴でも情熱があり、一つのことを極めれば、日本は尊敬に値する人物と評価する土台がある。学歴というのは専門職などは別にして「この人間は子供の頃から頑張ったことが一度もでもあるのか?」という指標になる。この指標は正しいことが多く、企業経営者は採用する人間を推し量ることができないため、高学歴を望むのもまた事実ではある

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理