【夕刊】NHK来年後期の朝ドラは「まんぷく」 インスタントラーメン開発の安藤百福氏妻モデル




NHKは14日、来年度後期の朝の連続テレビ小説(月〜土曜前8・00)が「まんぷく」に決まったと発表した。

★世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」を生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を舞台に、明るくひたむきに生き抜いたヒロイン・福子とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平の波乱万丈の物語を描く。脚本はNHK大河ドラマ「龍馬伝」などを手掛けた福田靖さんが担当する。 タイトルの「まんぷく」は夫婦の名前を合わせたものだが、「満腹」「万福」といった意味合いもあるという。 制作は「マッサン」「あさが来た」「べっぴんさん」「わろてんか」などを手がけた大阪放送局で、放送は18年10月1日から全151回になるという。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/11/14 17:53 SBM303SH
ゲゲゲの女房が大ヒットしてから伝記っぽいの多いね。

#2 匿名@芸能ニュース 17/11/14 18:57 N01G
もともと朝ドラはそんな感じでしょ。

< 前へ

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理