大谷直子「余命3か月」 悪性リンパ腫“ステージ4”から女優復帰




女優の大谷直子(写真=67)がTBS系「爆報!THE フライデー」に出演し、07年秋に悪性リンパ腫のため入院、抗がん剤治療を受けていたことを明かした。

★大谷が57歳だった10年前の秋、大好きだったビールの味が突然まずく感じるようになった。「何かおかしい」と思っていたが、ほどなくして肩こりや首筋を中心にしこりを感じるように。そして、スーパーからの帰り道、背中が激痛に襲われた。背骨の圧迫骨折だったという。病院で精密検査を受けると、悪性リンパ腫と判明し、即入院。ステージ4の状態であることが説明され「余命3カ月」と宣告された。大谷は発売されたばかりの新薬を含む3種の抗がん剤治療に懸けたという。治療中、43キロだった体重は33キロに。「ガリガリ。情けない。みすぼらしいし、人間の最後のような状態」になったと振り返り、3人の子どもたちには「もうお見舞いに来なくていいから」と告げたという。頭を丸刈りにして臨んだ抗がん剤治療は3か月を過ぎて効果が出て、自宅療養が可能な状態にまで回復。その後、女優業にも復帰した。あれから10年、大谷は「欲については全て捨てていた。素直に抗がん剤が効いてくれた」と闘病生活を語った。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/11/11 10:06 iPhone
大門未知子の手術は大抵がステージ4の末期。なのに例外なくすべての人が助かって希望を与えている。現実でもたまにはこうやって助かる人がいてもいいんじゃないかな。

< 前へ
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理