その他、ミニニュース



SKE・松井珠理奈、紅白単独出場に意気込み「今年はチャンスなんじゃないかな」SKE48の松井珠理奈(20)、須田亜香里(25)小畑優奈(15)が3日、東京都内で愛知デスティネーション2018プレキャンペーンの「推しスポ! 神スポ! 決定戦」に参加した。SKEは紅白歌合戦に12年から2年連続で単独出場。14年はNMB48とメドレーで出場したが、乃木坂46などの台頭もあり、2年間出場を逃している。報道陣から紅白出場について聞かれると、須田は「総選挙があって紅白まで選抜で決めるのは精神的にくる」と苦笑。「(SKE)単体で決めて、そこで競い合っていきたい」とSKE単体出場への意欲を見せた。松井は「SKEは勢いがあると言ってもらえて今年はチャンスなんじゃないかな。愛知代表として紅白に出られたら」と笑顔。そして「紅白もですけど、ナゴヤドームにも単体で出たい。今のSKEをナゴヤドームでお見せできたら」と14年以来のナゴヤドーム単独コンサートを目指していくと宣言した
出版業界は“乃木坂特需”新たに4人ソロ写真集発売今年上半期の写真集ランキングで1位から7位までを独占した乃木坂46から、新たに4人のソロ写真集発売が決まったことが3日、分かった。若月佑美(23)、新内真衣(25)、堀未央奈(20)。松村沙友理(25)の初写真集が、11月から12月にかけて続々と発売される。すでに発売が発表された新センター与田祐希(写真=17)の写真集(11月28日発売)を含め、ソロ写真集はグループ16人目で19冊目となる。確実に売り上げが見込めるため、引き続き各出版社がメンバーの争奪戦を繰り広げており、出版業界は「乃木坂特需」に沸いている
東京五輪に向けサイバー攻撃対策訓練 警視庁と公式企業49社など2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は3日、サイバー攻撃対策訓練を開いた。大会の公式パートナー企業49社や組織委員会の関係者約110人が参加しサイバー攻撃への対応技術向上や連携強化を目指した。訓練は2人1組で実施。それぞれがパソコンを使い、大量のデータを送り付ける「DoS攻撃」や、ウェブサイトに不正プログラムを仕込んでおく「水飲み場型攻撃」について、加害側と被害側を体験した。その後、警視庁のサイバー捜査担当者が講義を行い、攻撃の発信元やデータの流出先を割り出すため、通信記録(ログ)を保存しておくことが必要などと解説した
蓮舫前代表「折れそうになる」…民進分裂の中、心境綴る民進党の蓮舫前代表(49)が3日未明、衆院選を前に党が分裂して混乱を極める中、ツイッターに「折れそうになる」と心境を投稿した。「登る山は激しく厳しい。そして天候がいつも急変する。折れそうになる、諦めそうになる時もいっぱいある」と記した。大量の民進議員が希望の党に合流する一方で、立憲民主党の結成や、無所属で出馬する仲間も続出しており、蓮舫氏は「枝野さんの会見。岡田さんのインタビューの言葉に、強く自分を戒める。22日まで日本各地で信頼する仲間を応援に。求める山頂は安倍総理の暴走を止めるだけではなく二大政党の実現です」と綴った。▼衆院選に乗り込むとも囁かれていたが大混乱で頓挫?このまま参議院議員として静かにしていた方が良さそうだ
シシド・カフカ「究極の断捨離」黒髪50センチバサリ!小学生以来のショートドラマーで歌手のシシド・カフカ(32)がトレードマークの黒髪ロングヘアを約50センチカットした。横山剣(57)とのデュエット曲「羽田ブルース」(4日配信開始)のMVで、新たな出発を切る女性を演じるため決断した。“断髪”の様子はMVに収められるという。カフカは「気分新たに物事に取り組みたい気持ちと、リリースのタイミングやその他の仕事のタイミングを合わせることができたので、この機会にバサリといきました」と説明。ショートは小学生以来といい「究極の断捨離。心身ともに軽やかです」と気に入っている様子だった
元AKB増田有華が初のイメージDVD&Blu−rayをリリース セクシー路線へ元AKB48で抜群の歌唱力で注目を浴びた増田有華(26)がイメージDVDをリリースることが決まった。歌ではなくセクシー路線と思われる。増田は自身のツイッターで「実は、その撮影で海外に来ています。DVDは年内に発売予定です!もうすでにたのしみ☆☆皆さんに喜んでもらえるように、残りの撮影も頑張ります」とつづった。ネット「結局、歌と役者じゃ無理なのね」「ゆっぱい楽しみ」「犬で隠すな!」「グラマーな志田未来」「エロそうこれは期待できそう」「AKB時代は『自分は皆と違う』オーラ出してたけど、割とマジで歌を半分諦めてるよね」←「もう、とうに諦めてるって」
「あっぱれさんま大先生」オーディション秘話「安達祐実後藤久美子も落ちてる」明石家さんま(62)が、司会を務める20周年を迎えた3日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!初の生放送SP」で、「あっぱれさんま大先生」の秘話を明かした。「あっぱれ―」はフジ系で放送されていたさんま(先生)と子役(生徒)のトーク番組。俳優のウエンツ瑛士(31)は、9歳時のさんまとのトラウマを告白。「あっぱれ―」の最終オーディションで落ちたことを明かし、さんまについて「こんな魔物見たことがない。あんな大人見たことがなかった」と当時を振り返った。オーディションでさんまに振り向いてもらえず「そーかー」のひと言だけ。「鼻をほじっていた内山くんに爆笑していた」と明かした。さんまは「『あっぱれ』って(オーディションの)入口で決まるんや、素人みたいな子を使うから」と選考理由を明かし「安達祐実ちゃんも落ちてる。後藤久美子さんもキレイすぎて落ちている」と番組秘話を明かした


i-mobile


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/10/4 10:14 AppleWebKi
カフカ、もちろんヘアドネーションやったんだよね?まさかしてないのかな?してなかったらありえないよ。

#2 匿名@芸能ニュース 17/10/4 14:43 iPhone
何年ぶりのショートカットとか、まじでどうでもいい

#3 匿名@芸能ニュース 17/10/4 14:44 F-01F
↑そういう善意の強制をするのはどうかと。身体の一部であり本人の物。必ずみんながドナー登録してないでしょ。

#4 匿名@芸能ニュース 17/10/5 21:42 wv)
その制度みんなが知ってるとは限らないしね。

#5 匿名@芸能ニュース 17/10/6 09:11 AppleWebKi
でも凄く綺麗な髪だったよね。捨ててるなら勿体ない。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理