その他、ミニニュース



両足骨折の山瀬まみ、レギュラー出演のラジオ 代打は柴田理恵21日に日テレのスタジオで転倒して2カ所(両足)を骨折したタレント山瀬まみ(47)が22日、レギュラー出演するTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」を欠席した。代打として、木曜の同時間帯に出演している女優の柴田理恵(58)が出演。山瀬の骨折部位が右膝蓋骨など足であるため「上半身は元気だろうから(番組に)出たい、出たい、と思ってるでしょうね」と気遣った。23日に行われるTBS系「名医のTHE太鼓判!」の収録も見合わせる。局関係者は「車椅子を使った生活になるようで、今後の仕事にも影響が出そうです」と話している
深川麻衣「結婚」テーマの映画で初主演元乃木坂46深川麻衣(写真=26)がスクリーンデビューすることが分かった。「結婚」をテーマにした恋愛映画「パンとバスと2度目のハツコイ」(今泉力哉監督)で、独自の結婚観を持つ主人公、市川ふみを演じ、映画初挑戦でいきなり主演を務めた。すでに撮影は終えているという。ふみは「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」という考えの持ち主。プロポーズをされても、踏ん切りがつかず別れてしまう。パン屋で働いていると、ある日、中学時代の初恋の相手、湯浅たもつ(三代目JSB・山下健二郎=32)と偶然再会する。湯浅は離婚した元妻を今でも忘れられないが、ふみは「初恋相手は今も相変わらず魅力的」と感じ、2人は微妙な関係になっていく。深川は、役柄について「私の周りでも結婚する友達が増えました。そういう点では身近なテーマで、ふみが抱えている疑問や気持ちが理解しやすかったです」と話す。撮影については「会話の間(ま)や言葉の端々にとても優しい時間が流れています。だからこそ、人間の裏で抱えている本音や裏腹さがすごく生々しく見えたりするので、その気持ちのズレを表現するのがとても難しかったです」と振り返った。来年2月17日に公開されるが、これに先立って、来月10月25日開幕の東京国際映画祭で、特別招待作品として上映されることも決まった
斉藤由貴、映画「パディントン2」降板、事務所から出演辞退申し出50代の妻子ある主治医とのダブル不倫を認めた女優、斉藤由貴(51)が22日、声優を務める予定だった来年公開の映画「パディントン2」を降板。同作の公式サイトから名前が削除された。配給元は「所属事務所から出演辞退の申し出がありました」と説明した
野沢直子、亡き父の隠し子に会いにタイへ野沢直子(54)が22日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、タイにいる父の隠し子である妹に会いに行った模様が放送された。15年に父が他界し、遺品整理をしていると隠し子がいることが発覚、2年間悩んだ末、血を分けた妹に会うためにタイへ向かった。「父親の愛人に会いに行く、変ですよね。でも血を分けた妹に会わなきゃだから、通る道…」と話した。父が残した住所を頼りに、妹の母親と会う事ができた。野沢は父とのなれそめを聞くと「1976年に留学しているときに日本で出会った。最初から直子がいることを教えてくれて、写真も見た。はじめ、彼は妻と離婚したと言っていた。ビザを取ってくれて、毎週土、日に渋谷で会っていた」と驚がくの真実を明かされるが、「ここに。そんな人生もあったんだ」と笑顔で受け止めた。その翌日、妹のルンルンさん(愛称=34)と対面。ルンルンさんは結婚をしているが旧姓で“野沢”を名乗っていたことが分かり、野沢は「なんか嬉しくなっちゃった。外国で使ってるって…」と涙を流して喜び、「他の家族があったことが生々しく思えたけど、家族が増えたと思えば楽しい。会えたことが一番」と笑顔で語った
川栄李奈、三太郎ファミリーとの共演「アドリブ合戦がすごかった」映画やドラマと引っ張りだこの女優、川栄李奈(22)が22日、東京都内で行われたKDDI「iPhone8」の発売イベントにauのCMで共演する乙姫役の菜々緒(28)と出席した。CMの織姫衣装で登場し、松田翔太(32)ら劇中の三太郎ファミリーとの共演に「アドリブ合戦がすごかったので自然と溶け込めました“織ちゃんみてるよ!”って(周囲に)連絡をもらうようになりました」。菜々緒は8月からCMに登場した川栄について、「やっぱり血が繋がってるなっていう性格だったので、うれしい」と語り、同社の田中孝司社長から「S姉妹?」と問われ、「そうですね、ドSですね」と妖艶な笑み。川栄も「時と場合によっては…」と“Sッ気”を認めると、菜々緒は「やっぱり私の血を継いでますね」とうなずいた
グラドル春菜めぐみ、1年ぶりDVDで「過去最高の露出度」グラドルの春菜めぐみ(写真=26)が21日に9作目となる新作DVD「甘い生活」を発売。家庭教師の設定で「白のボレロの衣装は下に何も着ていないのでドキドキしながら撮影しました。温泉に入るシーンでは過去最高の露出度で何回もポロリしちゃいました」と5月の撮影を振り返った。おすすめは赤のセクシー衣装。「衣装がギリギリなものが多かった。とくに赤のレースの衣装ではあぶないシーンがあるかもです」と思わせぶりに明かした。トーク好きな一面もあり「たくさんおしゃべりするようなお仕事をしてみたいです。まだ出したことがないので写真集もやってみたい」と新たなジャンルへの意気込みもみせていた
デビュー30周年の酒井法子、「いろいろありました! すいませんでした!」酒井法子(46)が22日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」に出演。デビュー30周年を祝福され、「いろいろございましたけど、ほんとに…」とミッツ・マングローブ(42)が言いかけたところで酒井は「いろいろありました! すいませんでした!」と明るく謝罪。最近週刊誌などから追いかけられることはないと言うが、ミッツからは「気をつけて下さいね。最近は動画もありますから」と声をかけられていた
「笑点」の初代座布団運び役・桂文字助、妻子に逃げられ生活保護を受ける日々国民的人気番組「笑点」の初代座布団運びを務めた桂文字助(もじのすけ=71)が22日放送の「爆報!THEフライデーSP」に出演。笑点から降板した後に、落語界から“追放”された理由を告白した。Tシャツに麦わら帽子の仙人のような外見で登場した文字助は5年前から一人暮らしをする家賃5万6000円のアパートにスタッフを招くと、「俺は生活保護を受けているから、家賃はお上が払っているんだよ」と明かし、落語も「やってないね」とポツリ。「月に12〜3万円くらい生活保護でもらえる。そこから家賃が引かれて…」と近所の公園を掃除するなどして生活。家にあるもののほとんどが近隣住民からのもらい物だという。歯がまったくないため、栄養剤を酒で割ったものなどしか口にできず、髪も節約のため、5年間切っていない。文字助は20歳のときに師匠・故・立川談志と運命的な出会いを果たす。お茶を用意していると「こいつを座布団運びにどうだい?」と談志の声が。異例の抜てきに喜び、芸に精進する文字助だったが1年半後、師匠に突然呼ばれて「毒蝮三太夫にやってもらうことになったから」と降板の宣告。降板に納得がいかない文字助は酒に逃げ、借金は気づけば数百万円に。愛想を尽かした妻も出ていき、どん底の日々を過ごすようになる。些細な事でケンカをしては警察に連行され悪評は広がり、営業の数は激減。ついには師匠の談志にも喧嘩を売るようになり、自身の居場所はなくなり、落語から離れていったという。酒量は今も減らず1日1升。飲酒中には“異常酩酊”になり、撮影する番組スタッフに突っかかることもあった
“政界の炎上クイーン”上西小百合氏、次期衆院選に不出馬の意向 年上恋人と結婚か「私は一生政治家ですので、次の選挙も当然立候補します!」こう言ってはばからなかった上西氏に議員バッジを外す時が来た。衆議院議員の上西小百合氏(34)が、臨時国会冒頭解散の場合は次期総選挙に出馬しない意向を固めたことが22日、明らかになった。上西事務所が同日、報道各社に文書を送付した。3年間交際している“ショーンK”似の実業家男性との結婚について、上西氏は11月の結婚を目指していたが、関係者は「その時期は難しいかもしれないが(不出馬により)少し前向きになる環境が整うのではないか」としている。無所属の上西氏は「政治は政党が行うもの」という理念のもと、総選挙を見据え、水面下で複数の政党と接触。政党入りを模索していたが、残念ながら不調に終わってしまったという。週明けの25日にも上西氏本人が記者会見を行う予定。気になる今後については、すでに芸能事務所が獲得に乗り出しており、タレントや政治評論家として活動していく見込み。ただ、「あれだけ威勢のよいことを言っておいての不出馬ですから、批判は甘んじて受けると。己を見つめ直すために、四国八十八か所巡りを勧める声もある」(関係者)という



←前   次→

この記事について一言

#6 匿名@芸能ニュース 17/9/23 11:12 P01G
生まれつきの美人でも、「性格ブス」は多い。そんなやつより「性格いい」女の子の方がいいなぁ。

#7 匿名@芸能ニュース 17/9/23 15:05 iPhone
韓国人の川栄さん。

#8 匿名@芸能ニュース 17/9/23 17:01 iPhone
菜々緒さん、性格悪いって有名じゃない?まぁ性格良かったら中指立てた写真なんて撮らないよね笑

#9 匿名@芸能ニュース 17/9/23 18:33 P01F
まいまい、いまだに乃木坂時代の写真使われるんだな。

#10 匿名@芸能ニュース 17/9/23 19:19 PC
っていうか姉って有村演じるかぐや姫じゃないの?

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理