その他、ミニニュース



土屋太鳳、タイプの男性は「雪見だいふくみたいな人」新CM発表会見で土屋太鳳(22)が18日、東京都内で行われたロッテ「雪見だいふく」の新CM発表会見に出席。雪をイメージした真っ白なワンピース姿で登場した土屋は、「日常の節目の〆(しめ)に雪見だいふく」という新コンセプトをうけて、得意の舞踊で「〆」の文字を全身で表現。「ホッとした時に力を抜くのは大事なことなので、日常の合間にいやされ優しく幸せな気持ちになっていただければ」と笑顔でPRした。そして「雪見だいふくのような人は男性でも女性でも素敵だと思います」と独特の表現で意味深発言。その真意を問われると「ふんわりした甘さの中に冷静な部分をもって、優しく包み込めるような人です。あこがれます」と照れながら説明した。2年ぶりとなる新CM「〆雪見 洗濯篇」は22日からオンエア
杏、TBS「世界遺産」8代目ナレーターに 出産直前に新レギュラー番組杏(31)がTBS系紀行ドキュメンタリー「世界遺産」(日6)の8代目ナレーターを務めることになった。96年に始まった番組史上8代目のナレーターで、女性は深津絵里(44)に続いて2人目。杏は読書家で歴史好きのため博学であり、モデルの仕事で海外経験も豊富。また、番組が10月からファミリー層を軸にリニューアルすることもあり、昨年5月に夫の俳優、東出昌大(29)との間に双子の女児(1)を出産し、現在第3子を妊娠中(10月中旬に出産予定)のママである杏にオファーした。現在妊娠9カ月とみられる杏は「光栄。主役は世界遺産なので、邪魔をせず、魅力を最大限引き出せるようにしたい」と抱負。出産間近だが、ナレーションなら体への負担も少ないため、快諾したようだ
阿部哲子アナ、自身の離婚記事を自ら読み上げ生紹介「溝が埋められなくなった」5月にTBS局員(40)の夫と離婚していたことが判明した元日テレでフリーの阿部哲子(あきこ=38)アナが18日、自身がアシスタントを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」の生放送でコメントした。自ら自身の離婚を報じる記事を読み上げた阿部アナは照れ笑いを浮かべつつ、「つい、原稿になっているので…。すみません」と一言。周囲から「おめでとう」と言われると「おめでとうなんですかね? 誰にも言わなかったのに…」と困惑の表情を浮かべた。阿部アナは5年間の交際を経て、自身の28歳の誕生日の06年11月4日に結婚。夫はタイ・バンコクに赴任中だったこともあり、阿部アナは07年に日テレを退社、タイに移住した。10年に家族で帰国。フリーアナウンサーとして活動するかたわら、12年にはジュエリーブランドを立ち上げている。長男(7)の親権は阿部アナが持つ
AKBの冠番組「AKBINGO」中京テレビでの放送が終了ネットのヲタたち「名古屋がついに斬ったか 坂道(乃木坂・欅坂)枠同時ネットするのか?」「中京テレビはAKBINGO最初期からのネット局だからこれは危険信号 曜日変更とかだったらいいけど」「ネット動画ですぐ見られるからどーでもいい」「バッド(ボーイズのMC)の頃は地下ドル板でもスレがあって盛り上がってたのにウーマンになってからはスレ落ちするようになって無くなって、裏サロン板になってもまったく盛り上がらずヤバいかもって思ってたんだよな」←「単純にバッドの頃はグループ全体に勢いがあったのと、思い出補正。例え今バッドに戻したところで無理だよ」
「深刻な身体の痛み」レディーガガ、全欧州ツアーの延期を発表米歌手レディー・ガガ(31)が“深刻な身体の痛み”を理由に欧州ツアーを全て延期することが分かった。ガガのプロモーターが18日、発表した。ガガは12日、慢性的な体の痛みや疲労を伴う「線維筋痛症」を患っていることを公表していた。線維筋痛症は、関節や筋肉などの強い痛み、全身のこわばりなどを引き起こす病気で30代から50代の女性に多い。光や音などあらゆる外的刺激が痛みとなって現れ、社会生活を行うことが困難になることも。炭酸水を飲んで、その刺激で気絶した例もあるという。日本国内でも200万人の患者がいるとみられているが、原因は未だはっきりとわかっていない。ネット「この病気はマジで大変だわ」「確かに痛みは存在するのに体のどこにも異常は見られず、詳しく検査しても炎症や免疫機能にもまったく問題がない 怖い病気だな」「リウマチだろ?」←「リウマチも血液検査でだいたいわかる。膠原病でもないから線維筋痛症になったんだろ」
小泉今日子「いぬねこなかまフェス2017」出席 初めて飼った亡き愛猫への思い語る小泉今日子(51)が18日、東京都内で行われた動物愛護週間(20〜26日)のPRイベント「いぬねこなかまフェス2017」に出席し、亡くした愛猫の写真をバックに「あなたに会えてよかった」を熱唱した。初めて飼った愛猫「小雨」(ロシアンブルー)について、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)のヒロインの母親役で多忙になり、撮影で深夜に帰宅すると眠るように亡くなっていたと告白。「きっと私の背中を押してくれたんだと思う。それからガムシャラに仕事しています」と明かした。また、シンガー・ソングライターの矢野顕子(62)は亡くした4匹の猫の毛がついたドレスで登場。「4匹がここに入っているんです。ゴミじゃないんです。飼ったら最後まで飼いましょう」と訴えると、娘の坂本美雨(37)は「みとることの大事さは母に教えてもらった。(母に)育ててもらった中で、一番よかったのは犬猫好きに育ててもらえたことかな」と感謝を口にした
日テレ「ジュラシック・ワールド」声優問題が新たな波紋日テレ系「金曜ロードSHOW!」で7月に放送された映画「ジュラシック・ワールド」の“日本語吹き替え騒動”が、新たな展開を見せている。15年に公開された同映画は、全世界で16億ドル(約1800億円)のメガヒットを記録。「ジュラシック・パーク」で始まるシリーズ4作目は、遺伝子操作で誕生した新種の恐竜が大暴走するという内容が大ウケし、日本でも大ヒット。劇場版の日本語吹き替えは、恐竜行動学のエキスパート・オーウェン役を玉木宏(37)、オペレーションマネジャーのクレア役を木村佳乃(41)が務めた。ところが、あまりの出来の悪さとミスマッチ感にネット上ではバッシングの雨アラレ。事態を重くみた日テレは、地上波で放送するにあたり、それぞれ山本耕史(40)、仲間由紀恵(37)で製作したのだった。事実上の“失格”の烙印を押された玉木と木村の両事務所はカンカン。結果、日テレと険悪ムードが漂うことになった。「実をいうと『ワールド3』も決まっているのです。ところが、製作関係者が劇場版の日本語吹き替えをどうするか頭を抱えているんですよ。玉木と木村にオファーする予定だったのに、日テレがメンツを潰したので、2人が受けにくくなってしまったからです。かといって、山本、仲間にするわけにもいかないでしょ(笑)。『日テレは余計なことしやがって』と関係者はおかんむりですよ」(芸能プロ関係者)ネット「普通にプロの声優使えや」←「本当にそう思う話題性の為だけに芸能人なんていらない」「もう全役山寺宏一でいいよ」「おまいら吹替えとか見に行くのか?」 ←「4Dなんか揺れて字幕読めないから吹き替えがいいよ」



←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/9/19 11:20 N03D
えー藤原竜也のままでよかったのに

#2 匿名@芸能ニュース 17/9/19 11:36 iPhone
玉木と木村なんかにこだわる理由がわからん

#3 匿名@芸能ニュース 17/9/19 12:24 AppleWebKi
吹替は見なければいい。自分はみないから誰がやっていようがどうでもいい。というか、SFになるのか?ジュラパ系はみたことがない。

#4 匿名@芸能ニュース 17/9/19 12:26 AppleWebKi
ガガの病気って、原因わかってないんなら精神的なもんじゃないの?この病気が日本に何人くらいいるか知らないけどそんなにポピュラーなわけ?でも女優はやるんだよね?勝手な病気でよろしいな。

#5 匿名@芸能ニュース 17/9/19 12:38 N01G
全役、山寺宏一www山ちゃんなら出来そうだなw

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理