鈴木砂羽初演出舞台でトラブル 女優2人が初日直前に降板“土下座強要”は否定




女優の鈴木砂羽写真=44)が主演・初演出を手掛ける劇団クロックガールズの舞台「結婚の条件」(13〜18日、新宿シアターモリエール)で出演予定だった女優2人が降板するトラブルがあった。

★初日の直前で異例の降板を発表したのは、元準ミス・インターナショナル日本代表の鳳恵弥(おおとりえみ=36)と牧野美千子(写真=52)で、2人の所属事務所は11日深夜、公式HPで突然2人の降板を発表。理由について「演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為」と糾弾。鳳も同日深夜に自身のブログを更新。9日午後に2回目の通し稽古が(スケジュールの都合で)できなかったことから、劇団主宰の江頭美智留氏(写真=54)とともに鈴木から罵声を浴び“土下座を強要された”とした。こうしたトラブルを重く見た2人の事務所は、劇団側と降板も視野に入れて話し合いを始めた。だが、その結論が出る前に、鈴木は劇団の了承を得ないまま、別のキャストに2人の“代役”を打診していたという。こうした鈴木の行動に、劇団主宰者の江頭氏も抗議。だが、鈴木は「(代役のキャスト起用などを)決める権利はあんたにはない」と述べ、取り合わなかったという。鳳は「自分が愛する舞台を、ここまで蔑み、悪戯に掻き回しておもちゃにする姿に、何故私は何も言えなかったのだろう(〜中略〜)芸能を愛している仲間たち全てへの許されざる冒涜であった」とつづっている。
★一方、劇団側は「事実とは違います」と事務所の主張を真っ向から否定。江頭氏のマネジャーによると、11日午後7時ごろ、鳳らの所属事務所責任者と電話で話し合い、江頭氏の意向で、降板しても報酬は2人分を満額支払うことで円満に合意。だが直後に、鳳らがブログで鈴木の非難を始め「困惑した」としている。その後、メールを送ったが返信はないという。


←前   次→

この記事について一言

#12 匿名@芸能ニュース 17/9/13 16:38 iPhone
これは降板した側が悪いだろ?通し稽古日に仕事入れる方がおかしい

#13 匿名@芸能ニュース 17/9/13 18:05 AppleWebKi
グッディみてたけど、安藤さんは呆けたこと言ってたけど、殆どが鈴木擁護してたね。話聞いてなるぼどーって思ったわ。

#14 匿名@芸能ニュース 17/9/13 18:13 AppleWebKi
ギャラもらって降板したなら別に文句言う権利ないよね

#15 匿名@芸能ニュース 17/9/13 18:44 PC
長い記事ではスケジュールで空くことは鈴木にも主催の牧野氏にも報告済みなんだよ。それで土下座を強要されたのでカチンと来た。金は満額もらえるということだが「金で済ませる気か」と鳳が怒ったという流れなんだ

#16 匿名@芸能ニュース 17/9/13 19:49 AppleWebKi
さわの、人間性にも問題があるのかもな。下手なんだよ人間の扱いが。もっと上手く出来ないか上に立つ者として。

< 前へ 次へ >

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理