鈴木砂羽初演出舞台でトラブル 女優2人が初日直前に降板“土下座強要”は否定




女優の鈴木砂羽写真=44)が主演・初演出を手掛ける劇団クロックガールズの舞台「結婚の条件」(13〜18日、新宿シアターモリエール)で出演予定だった女優2人が降板するトラブルがあった。

★初日の直前で異例の降板を発表したのは、元準ミス・インターナショナル日本代表の鳳恵弥(おおとりえみ=36)と牧野美千子(写真=52)で、2人の所属事務所は11日深夜、公式HPで突然2人の降板を発表。理由について「演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為」と糾弾。鳳も同日深夜に自身のブログを更新。9日午後に2回目の通し稽古が(スケジュールの都合で)できなかったことから、劇団主宰の江頭美智留氏(写真=54)とともに鈴木から罵声を浴び“土下座を強要された”とした。こうしたトラブルを重く見た2人の事務所は、劇団側と降板も視野に入れて話し合いを始めた。だが、その結論が出る前に、鈴木は劇団の了承を得ないまま、別のキャストに2人の“代役”を打診していたという。こうした鈴木の行動に、劇団主宰者の江頭氏も抗議。だが、鈴木は「(代役のキャスト起用などを)決める権利はあんたにはない」と述べ、取り合わなかったという。鳳は「自分が愛する舞台を、ここまで蔑み、悪戯に掻き回しておもちゃにする姿に、何故私は何も言えなかったのだろう(〜中略〜)芸能を愛している仲間たち全てへの許されざる冒涜であった」とつづっている。
★一方、劇団側は「事実とは違います」と事務所の主張を真っ向から否定。江頭氏のマネジャーによると、11日午後7時ごろ、鳳らの所属事務所責任者と電話で話し合い、江頭氏の意向で、降板しても報酬は2人分を満額支払うことで円満に合意。だが直後に、鳳らがブログで鈴木の非難を始め「困惑した」としている。その後、メールを送ったが返信はないという。


←前   次→

この記事について一言

#17 匿名@芸能ニュース 17/9/13 23:23 AppleWebKi
誰か知らんけど、土下座しろよ。芸能なめんなよ。誰か知らん=能力ねぇだろ。

#18 匿名@芸能ニュース 17/9/14 09:16 AppleWebKi
蜷川とかにあたってもおんなじことするんかな まあ、呼ばれないと思うけど

#19 匿名@芸能ニュース 17/9/14 12:15 AppleWebKi
相手方の事務所の社長が、ものすっっごくうさんくさく感じるんだけど......偽善ぶって、この騒動に乗っかって女優を売名使用っていう感じが......顔出して嬉しそう。って感じるのは私だけ?

#20 匿名@芸能ニュース 17/9/14 15:19 AppleWebKi
こんなプロ意識低い女優、誰も使わない よって売名にもならない いまいち顔わかんないし 名前も覚えづらい

#21 匿名@芸能ニュース 17/9/14 17:05 iPhone
さわが有名だからこれで事務所の女優売り出そうとしてるんじゃね?小宮の相方の相田?ににてて不細工おじさん

次へ >

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理