その他、ミニニュース



高畑充希「ほぼ失恋に近い感情で髪を切りました」インスタに「いいね!」16万件超 日テレ系「過保護のカホコ」(水10)に出演中の高畑充希(25)が12日、インスタを更新し「ほぼ失恋に近い感情で髪を切りました」と報告。16万1000件を超える「いいね!」がつけられ、大反響を呼んでいる。来年度のカレンダー撮影をしていたという高畑は「素敵な作品になりそうです。楽しみにしていてください」と出来栄えに自信をのぞかせつつ、13日に最終回を迎える同ドラマの撮影が終わったことから「髪を切りました、カホコが私の身体から飛び去ってしまったので、ほぼ失恋に近い感情で髪を切りました」と三つ編みの写真をアップ。ファンからは「もうすでにカホコロス決定です」「かわいい」などの声が寄せられた
西野七瀬、初の合宿体験に喜び「うれしかった」 乃木坂46の西野七瀬(23)が主演した映画「あさひなぐ」(22日公開)の部活生限定試写会が12日、都内で行われた。なぎなたに青春を懸ける女子高生の物語で、高校時代はダンス部に所属していた西野は「一度も合宿に行ったことがなかったんですけど、この映画に合宿のシーンがあって体験できてうれしかった」と感激。「マネジャーをやるなら何部?」と聞かれると「洗濯とかの仕事ができなくても許してくれる部がいい」と答えた
クセじゃなくて病気…ゴミ屋敷の原因にもなる「溜め込み症」ゴミを極度に溜め込んでしまう人間は「溜め込み症」と呼ばれる病気であることが分かってきた。世間でもよく話題になる ゴミ屋敷。ゴミを極度に溜め込んでしまうクセは「溜め込み症(ホーダー)」と呼ばれる病気で、近年では精神疾患と定義されている。「収集してしまう」「捨てることができない」「整理できない」のが特徴で、健常な人は必要な物だけを買い、不必要なものは買わないと判断することができるが「必要かどうかを判断する過程」に何らかの障害があるのだという。「がらくた・ゴミがたまっている」こと自体が自覚できないことから、「自分が病気である」という認識は薄く、治療に対して防衛的になるという。ゴミ屋敷の本人の意志を無視して自治体などが強制的にゴミを撤去しても、治療したことにはならない。ゴミ屋敷の本人の話をきいて「人生において価値を置いているものについて」たずねていき、がらくたやゴミについて少しずつ言及していく辛抱強さが必要になるという
ローマ法王フランシスコは10日、このところ相次いでいるハリケーンを受け、気候変動に対処しなければ人類が滅びるということを理解すべきと述べた。法王は気候変動について「引き返さなければ、われわれは滅びるだろう」と述べ、温暖化ガス排出削減をうたった15年のパリ協定を強く支持、米国は今年、協定脱退を表明している。法王は「気候変動の影響ははっきりしており、科学者は歩むべき道を明確に示している。われわれは全員が多かれ少なかれ道徳的な責任を負っている。政治家にも責任がある」と語った。一方、地球温暖化の「二酸化炭素犯人説」は、ある政治的な思惑(後進国の発展に足かせし、自国の利益を守るなど)によって唱えられたものであり、まったくの嘘」と主張する団体もある。日本では異論派は極めて少ないが、欧米では公然と批判する科学者グループが存在し、米議会でもしばしばこれに依拠した地球温暖化対策論に対する反論が出されている
謀反直後の明智光秀書状原本発見される「室町幕府再興説」裏付けか戦国時代の武将明智光秀が「本能寺の変」の後に反織田信長勢力の豪族に送った書状の原本を発見したと三重大の藤田達生教授(日本史学)らが発表した。信長に京都から追われた室町幕府の将軍を再度入洛させようと協力を求める趣旨の記述があり、藤田教授らは「本能寺の変は幕府再興が目的との説を裏付けるものだ」とした。本能寺の変は1582年6月2日、信長の家臣だった光秀が謀反を起こし、京都・本能寺で信長らを自害に追い込んだとされる。動機は、信長に対する怨恨説や天下を取って代わろうとした野望説、光秀は実行犯で何者かに操られた黒幕説など諸説ある
任天堂、スーファミ予約開始へ 復刻版16日から受け付け 任天堂は12日、10月5日に発売する家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の小型復刻版の予約受け付けを16日から開始すると発表した。任天堂製品を取り扱う家電量販店などで申し込める。欧米では既に予約が始まっており、日本に先立ち29日に発売する。復刻版は「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」で、「ゼルダの伝説」など21のゲームを内蔵した。本体の希望小売価格は8618円。任天堂は同日、復刻版「ファミリーコンピュータ」の生産・販売を18年に再開することも明らかにした
豊田真由子議員が元秘書の暴行容疑で事情聴取 自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区=42)から暴行を受けたとして、元秘書の男性が被害届を出した問題で、埼玉県警が豊田氏から事情聴取していたことが分かった。県警は傷害の疑いも視野に捜査している。「週刊新潮」の報道では、豊田氏は5月、当時政策秘書だった男性が車を運転中に後部座席から罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってけがを負わせた。「このハゲ〜」を連呼したあげく「死ねば」といった暴言を吐き、ときにはミュージカル風に歌いながら罵ることもあった。事務所関係者は、男性が高速道路の出入り口を間違ったことなどから豊田氏が激昂したと説明。計7回、男性の顔などを殴ったと認め、豊田氏は男性に直接謝罪したとしている。支援者によると、豊田氏は議員を続ける意向で、会見を開いて事実関係を説明したいとしている。また週刊新潮の報道の一部について「事実ではない」と否定しているという。豊田氏は厚生労働省課長補佐などを経て12年12月の衆院選で初当選し現在2期目
稲垣、草なぎ、香取の写真ネット解禁…ただし独立前のものはダメ8日にジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人の写真が、インターネット上で解禁されることが分かった。代理人の弁護士が書面で取材に応じ「9月9日以降に撮影した写真については、正当に取材したものである限り、原則として認めたい」と回答した。今後の活動については「まだ独立して間もない時期であり固まっていない部分も多いので、詳細が決まりましたら、しかるべきタイミングで、あらためてファンの皆さま方をはじめ、関係者の方々にお伝えしたい」とした
小林恵美、タクシーの中でカレー!?「普通に食べます」グラドルの小林恵美(34)が12日、アシスタントを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」で、タクシーの中で食べているものを明かし出演者の度肝を抜いた。タレントの内山信二(35)が「車両ごとに分ける時代が来た。飲食ルームもあっていいと思うし、1車両ごとに分けないとまとまらないと思う」と持論を展開。これに対し、経済評論家の勝間和代さん(48)は、食事を許されている「列車」と「電車」の違いを説明して反対した。さらに話はタクシーでの話題に。作家でタレントの立花胡桃(35)は「子どもをいつも乗せるので、肉まん食べさせたりとかしちゃいます。習い事の合間とか時間無いから…気の利いたタクシーだとアメくれるから良いかなっておもちゃう」と飲食をしてしまっている事を打ち明けると、小林は「私はタクシーの中で普通に食べます。って言うかそういう場所だと思っていました」と話し、何を食べているのか問われると「カレー!」と出演者の度肝を抜くコメントで笑いを誘った


i-mobile


←前   次→

この記事について一言

#5 匿名@芸能ニュース 17/9/13 12:40 N01G
ズボラとため込み症の決定的な違いは何なんだろう。

#6 匿名@芸能ニュース 17/9/13 13:50 wv)
芸能と関係ないネタ多くね

#7 匿名@芸能ニュース 17/9/13 18:10 AppleWebKi
ズボラはやればできる。ためこみ症はなにがいけないのかすらわかってない。

#8 匿名@芸能ニュース 17/9/13 21:54 CA002
地球温暖化はゴアの金儲け。

#9 匿名@芸能ニュース 17/9/13 23:43 KYL22
黄連者が歓喜しそうな、カレーの食べれるタクシー。

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理