「海猿」作者の人気漫画家がアマゾンを提訴「一方的に削除された」




インターネット通販大手アマゾンの日本法人が手掛ける電子書籍読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」(月額980円)をめぐり、提供作品を一方的に削除され損害を被ったとして、漫画家の佐藤秀峰氏(写真=43)が今年1月、アマゾン側に約2億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしていたことが19日、分かった。

★佐藤氏は「ブラックジャックによろしく」「海猿」などの作者。佐藤氏が自身のウェブサイト上で公開した訴状などによると、同サービスは平成28年8月に始まり、佐藤さん側も作品を提供。アマゾン側は、佐藤さん側と「同年12月31日までは正規の対価にロイヤルティーを上乗せして支払う」との契約を結んでいた。しかし8月末にアマゾン側から「支払い方法を変更したい」と申し出があり、佐藤氏側が「不利益変更は認められない」と拒否したところ、9月1日に提供作品が削除された。上乗せ期間が終わった今年1月からは作品配信が再開されたという。アマゾン側は「作品の配信・停止の決定権はアマゾンにあり賠償責任はない」と反論しているという。
▼ネットでは「この作者は描いてる漫画と同じくいっつもドロドロしてんな」「何をどう計算したら2億になったんだろ」「これ小説だか雑誌だかでも問題になってたけど生殺与奪権をアマゾンに完全に握られてるんだよな 独禁法とか抵触しないのかね」」クレーマーVS詐欺商法 どっちが正しいのかな?」

i-mobile


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 17/5/20 15:23 wv)
こいつ不倫騒動なかったっけ?

#2 匿名@芸能ニュース 17/5/20 15:23 F01E
アマゾンは日本に税金も払わず権利を強奪する盗賊企業

#3 匿名@芸能ニュース 17/5/22 08:19 iPhone
フジテレビとも揉めてたよね

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理