「これからは報道」フジ新社長がドラマとバラエティー削減




日枝久会長(79)と亀山千広社長(60)が退任することが決まっているフジテレビ。日枝氏は取締役として残り、相談役に就く見込み。後任社長はBSフジの宮内正喜社長(写真=73)が就くという。

★亀山氏は13年に社長に就任。ドラマプロデューサーとしてフジの黄金期を築いた経験から、視聴率回復を期待されたが、昨年は年間視聴率で民放4位と低迷した。「新体制が発表されて、フジテレビ局員はほっとしています。フジの凋落を分析する本が売れたり、何かと『いつ立ち直るのか』と揶揄されて同情の声も集まってきたさなかの社長交代なので」(放送業界関係者)。ドラマをこよなく愛し“ドラマの申し子”だった亀山氏のカラーは一掃され、ドラマだけではなく、バラエティー番組も改革を余儀なくされそうだという。「宮内氏は手堅く稼ぐタイプで、周囲には『これからは報道の時代』と常日ごろから言っていることが知られています」(同)。いまから戦々恐々としているタレントは多いのではないだろうか。(まいじつ より)

i-mobile


←前   次→

この記事について一言

#19 匿名@芸能ニュース 17/5/19 12:20 T008
朝鮮とパヨクに偏りの報道になるの?

#20 匿名@芸能ニュース 17/5/19 14:45 wv)
その報道が視聴率悪いのに増やすのか

#21 匿名@芸能ニュース 17/5/19 20:13 AppleWebKi
どうでもいい報道大杉

#22 匿名@芸能ニュース 17/5/19 23:46 F01E
日枝が取締役で残ったってことはとんねるずは首の皮一枚で助かったのか

#23 匿名@芸能ニュース 17/5/19 23:52 GRATINA
慰安婦 報道かよ!

次へ >
戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理