赤木春恵「卒寿祝い」の席に悲報…渡鬼ファミリー「涙出るいとまもない」




宇津井健さんの突然の悲報に、芸能界には衝撃が走った。最後の出演作となったTBS「渡る世間は鬼ばかり」の渡鬼ファミリーにとって14日は特別な1日になるはずだった。赤木春恵(90)が誕生日を迎え、卒寿を祝おうと集まっていた。そんな矢先の悲報。ショックは大きい。

★石井ふく子プロデューサー(87)は「“残念”なんていう言葉は通り越しています」とコメント。長女役の長山藍子(72)は「信じられない思いで今、涙の出るいとまもない」と悲しみを表現した。
★石井プロデューサーによると、昨年12月には「通院はされていましたが、スポーティーな格好でさっそうとされていて、療養中という印象はありませんでした」とし、その後も電話を交わし「また“渡る世間”をやるときまでには元気になりますから」という宇津井さんに「何言ってるんですか。もうお元気じゃないですか」と返したのが最後の会話になったという。


←前   次→

この記事について一言

#1 匿名@芸能ニュース 14/3/15 09:14 iPhone
また名優が1人…

#2 匿名@芸能ニュース 14/3/16 08:44 SonySOL23
残念過ぎます。もう渡鬼無いのかな。

#3 匿名@芸能ニュース 14/3/16 23:37 F-04E
出演者の年齢が高い事を考えても、このドラマは死者が多い。

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM

管理