エイベ株主総会大荒れか…経営トップの薬物疑惑&タレント愛人報道で


今週24日に迫っているエイベックス・グループの株主総会が大荒れ必至の状況となっている。(日刊ゲンダイなど)

★年々業績が下がっている中、グループを率いる松浦勝人社長(47)のスキャンダルが週刊誌を賑わしているからだ。先週の「週刊文春」では、松浦社長のドラッグ疑惑に加え、所属タレントを愛人にしているとの疑惑も浮上。ドラッグについては沢尻エリカ(26)絡みとされ、大麻中毒となっている沢尻が、同社とマネジメント契約を結ぶ際、松浦社長が「ドラッグならいつでも用意できる」などと説得。しかも、「鈴木亜美が芸能界で生き残れるのは、おれのオンナになったから。お前もおれのオンナになれ」と沢尻に愛人契約を迫ったという。さらに今週発売の同誌では、沢尻がスペインで大麻パーティーに参加中とされる写真まで掲載。告発しているのは、松浦社長の天敵ともいうべき、沢尻と離婚問題で揉めている高城剛氏(47)。「全てはエリカが自分の口で言ったこと」と断言している。エイベックスは事実無根と主張しているが、総会でこの手の質問が飛び出す可能性は高い。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM