高城氏、エリカ会見に不満「事実を公表しないなら黒幕の実名言う」


クリエイターの高城剛氏(46)が、妻で女優の沢尻エリカ(24)の会見から一夜明けた1日、「エリカがもし(離婚騒動の)事実を公表しないのであれば、5月16日以降に実名を挙げ、エリカから聞いたすべてを公表します」と訴えた。

★沢尻が前日に否定した「黒幕」の存在も強調。09年1月の結婚後「高城は金に汚い」などと沢尻に伝えた人物がいるとし「そのうちの1人は俳優」とした。その人物からは同年末に謝罪されたというが、10年1月以降に、沢尻のCM製作に関わった別の人物も「黒幕」になったという。沢尻からは実名と、誹謗中傷の内容も聞いたという。高城氏は「僕自身が営業妨害されて一番困っている。去年1年、断られた仕事は億単位。単純な離婚問題じゃない」と憤った。(日刊スポーツより)
★高城氏によると、すべてをオープンに話すまでの期限として半年(5月16日まで)の猶予を与え、それまで離婚届を勝手に出せないよう、スペインの公証役場に預けているという。沢尻が5月中旬までに事実を公表しなければ、「(離婚を翻すのは)当然です」と強調した。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM