【夕刊】海老蔵の口ぐせ「人間国宝」「2億円もらえる」は本当なのか?


暴行事件をきっかけに、酒癖の悪さに関する様々なエピソードが暴露されている歌舞伎俳優の市川海老蔵(33)。中でも有名なのが酔ったときに口にする「君、いくらもらってるの?俺は人間国宝になる男だから、国から60歳まで2億円もらえる」というセリフ。果たして海老蔵の言ってることは本当なのだろうか?(東スポ)

★現在、人間国宝には115人が認定されており、歌舞伎界からは8人。ちなみに、海老蔵の父である市川團十郎(64)はまだ認定されていない。人間国宝の認定は専門の調査官が候補者を調査し、文科相の文化審議会文化財分科会で諮問。その後、専門調査会が審議した後、ようやく文化財分科会から文科相に答申されるというプロセスを踏むため相当な時間がかかる。さらに、技の評価や各分野の受賞歴だけでなく、健康状態、後継者の有無、人格など細かな部分を長年に渡って調査するという。このことからみても、泥酔の果てに不良グループにボコボコに殴られた海老蔵は、この時点で資格を失ったも同然だ。
★次に「2億円」発言。「人間国宝になられた方には、文化庁長官から認定書が送られます。お金は『特別助成金』として毎年200万円が支払われるだけです」(文化庁担当者) つまり海老蔵が2億円を手にするには人間国宝に認定されてから100年生き続けなければならない計算になる。
▼ちなみに海老蔵ら歌舞伎役者の給料はすべて松竹から出ているそうです。


←前   次→

この記事について一言

戻る/芸能s登録/解除
~G-FORUM